2014年03月24日

天皇陛下が伊勢神宮ご参拝、皇太子一家はスキー旅行、愛子さま小学校卒業式 眞子内親王殿下ご卒業

愛子さま小学校卒業
1395195091108.JPG

6年間いかがでしたか? の質問に、怒ったのか??雅子様の表情が・・www
1395147611832.jpg

2014031802.JPG


追記 20140324
皇太子一家のスキー旅行 長野駅前
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/thumb/1395639662376s.jpg
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1395642863785.png
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1395646242345.jpg 
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/thumb/1395710771426s.jpg
スキー旅行は、以前は2週間行ってたけど、批判が出て1週間に短縮したようだ・・・

546 :朝まで名無しさん:2014/03/24(月) 14:39:22.66 ID:zmz7Qi9Q
駅長がかわいそう
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/thumb/1395627323909s.jpg

アイボって本当にデカイね 眞子さまとの比較
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/thumb/1395244834846s.jpg

週刊文春 2014年3月27日号 55周年記念号
天皇皇后伊勢御参拝の最中   雅子さま奥志賀スキー旅行
「雅子や愛子にも行ってほしい」美智子さまの思い届かず…
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1395798695085.jpg

追記 20140328

週刊新潮2014年3月27日号 その 2
「学習院初等科」卒業式に「宮内庁記者」との激しい冷戦
「愛子さま」お言葉の機会を断固拒否した「雅子妃」
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1395793454501.jpg

223 :朝まで名無しさん:2014/03/02(日) 12:22:32.61 ID:SqdjBLbl
今年の夏休み、アレラはヨーロッパ旅行にいくらしいね。
雅子の治療のための海外公務を検討してると、ナルが言ってた。

573 :可愛い奥様:2014/03/08(土) 03:16:45.03 ID:3g7JdXGS0
しかし週刊誌にこれほどまでに書かれていても恒や本人たちは平気なんだね
前代未聞の皇族。(てか市民以下
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1393893884022.jpg

週刊女性 2013年6月25日号 不登校中に続けていた学習院ママ友への“直電”
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1395280418997.jpg

最近、メディアは政府から圧力受けてて政府・皇室もアゲアゲ報道が多いらしい。韓流セレクトも終了
古賀茂明さんまで首を切られる
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1395132336/

542 :朝まで名無しさん:2014/03/24(月) 12:09:00.61 ID:zmz7Qi9Q
 こいつらは、大震災があった2011年でさえ 夏に一ヶ月、那須豪遊してたよ。>>539
543 :朝まで名無しさん:2014/03/24(月) 12:57:27.29 ID:6FZmO+oV
ジジンはハーグを離れられないから、叩くなら今なんだよ〜!  マスコミ何やってんだ。

591 :朝まで名無しさん:2014/03/26(水) 08:56:13.05 ID:u1rFJGAZ
週刊文春4月3日号 
雅子さまvs宮内記者会 東宮職「謝恩会の変」 早読みレポその1

・「事前に宮内記者会は卒業式会場の取材も要望,
 しかしそれは無理だと突っぱねられた。門前が愛子の声を拾う唯一のチャンス。 特にテレビ局は必死。」(宮内担当記者) ・午前9時ごろ,金のアルファードが初等科前に到着。集まった人たちから 「おめでとうございます!」の声がかけられ,ARERA夫妻は笑顔。
・正門横の看板前,ある記者がまず「ご卒業おめでとうございます」と声掛け。 愛子は小さく頭を下げた。続いて他の記者,「愛子様,初等科6年間は  いかがでしたか」に,愛子は笑顔でいるものの応えていいのか分からない  のか雅子を見上げて「どうしよう」という雰囲気。雅子はささやき女将,しかし 何も聞こえなかった。殿下は苦笑い。居た堪れないような空気が流れる。  「今日は天気でよかったですね」と別の記者,それには答えず構内へ入るARERA。

・悠仁様は幼稚園の卒業式で「ありがとうございます」と大きな声でお応えになっている。

・今回東宮職から「声掛けは控えて下さい」と記者会に注意があった。

「楽しかった」はメモで追伸
・前週,小町の定例会見で記者会が「子ども時代の大きな節目として  愛子様の声を国民に届けたい」と希望。聞き入れられず。  卒業式が終わった後,東宮職から”ご様子メモ”が配られた。 そのメモには「卒業式では敬宮愛子と呼ばれ,ハイと返事をし,初等科長 から証書を受け取り,ARERAが保護者席から見守ったと。・「そのメモには朝の正門で愛子が何と答えたか明らかにされていた。  だから新聞各紙も後で「楽しかったです」と表現した。あの場では まったく聞き取れなかった。」(宮内庁担当記者)・元東宮職も「ご成長の記録として残しておくべきだった」。
東宮職が吐いた暴言
・謝恩会は明治記念館。ARERAは他の保護者と同じく五十音順の席に座り,懐石弁当を召し上がった。 終わった後愛子は友達と,雅子はママ友とお話し。ナルは帰りたい素振り。  (学習院関係者)
・その謝恩会場で思わぬ”変事”が。  現場で愛子を取材しようと皇室担当記者が何人か様子をうかがっていた。

 その記者らにある東宮職職員が「お引き取り下さい!秋篠さんのところよりは  (取材の機会を)作ってやってるじゃないですか!」と言い放った。

 秋篠宮の名前を出して,取材させてやっていると言わんばかりの暴言に 現場は凍りついた。
・「東宮職は何を勘違いしているのかと言いたい。秋篠宮家と比べても意味がない。  過去の皇太子ご一家と比べなければならない。  自然なお声や雰囲気を伝えているのは秋篠宮家。  愛子の映像は静養の駅前ばかりでバリエーションがない。  「もうご卒業」と感じる国民が多いのも,ご成長の映像が少なく実感がわかないから。」  (ベテラン宮内庁担当記者)
本心は「視線に耐える」
・愛子の声を聞く機会は,05年のサツマイモ掘りを境にほとんどなくなった。 雅子のプライバシー意識が背景にある。 ・愛子が2歳の時のウズラ映像は,「愛子様自閉症」「言葉が遅い」を打ち消すため。
・ナルがご成婚十年の文書の中で,雅子は人に注目されて大変, 雅子はよく耐えている,と書いていた。この「視線に耐える」という表現は,  メディアを含めた周囲の好奇の視線にさらされているという雅子の本心を強烈に示している。 ・皇后陛下も「事実でない報道には大きな悲しみと戸惑いを覚えます」とおっしゃった ことがあるが,その向こうには国民がいるということを強く理解しておられた。 (ベテラン宮内庁担当記者)  ・最近も愛子の意思を尊重しての取材制限が多い。ナルの時代の初等科の運動会 はすべての競技が取材可能だったことを考えると隔絶の感がある。  (別の宮内庁担当記者)
・取材制限はARERAのご意向だから東宮職を責められないが,今回の卒業式 の様子は国民によい印象を与えなかった。愛子は挨拶もきちんとできなかった。  運動会の映像では活発な様子がわかるので残念。(山下晋司) ・皇太子ご一家は今週,奥志賀でスキー御静養。取材設定は駅前のみ。 愛子が進学する中等科の入学式は4月6日。ぜひ晴れやかなお声をお聞きしたい,
 で〆でした。
以上です。

20140325 天皇皇后両陛下が 伊勢神宮へ 
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/thumb/1395753400416s.jpg
三種の神器を運ぶ職員が後ろにいる

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/thumb/1395808379607s.jpg
伊勢神宮外宮を参拝された天皇陛下=26日午前
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/thumb/1395808297429s.jpg
皇后
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/thumb/1395808379607s.jpg

眞子内親王殿下 が 大学卒業  おめでとうございます。
1395797505116s.jpg
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/thumb/1395797505116s.jpg
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/thumb/1395797596278s.jpg
式のため国際基督教大に到着した秋篠宮家の長女眞子さま=東京都三鷹市で2014年3月26日午前7時42分、(代表撮影)

小さい頃から美人で きちんとされている。
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/thumb/1395799526449s.jpg

眞子さまへの質問とご回答
 問2 今後の進路と将来の夢をお聞かせ下さい。卒業後は公務に臨まれる機会もますます増えると思いますが、大学での経験をどのように生かし、どういった分野に力を入れていきたいとお考えでしょうか。公務に際してご両親から受けているアドバイスがあれば合わせてお教え下さい。

 (ご回答)

 今後、さまざまな公的な活動をおこなっていくことになると思います。今までもそのようなお仕事を受けさせていただくことがありましたが、基本的な気持ちは変わらず、声をかけて下さる方々に少しでも良かったと思って頂けるよう、可能な限り力を尽くすことが出来ればと思っております。大学では様々な分野を学ぶ機会に恵まれましたが、どのような分野に携わることになりましても、誠意を持って務めていきたいと思います。又、自分の興味のある分野に関しましては、今後も何かしらの形で探究していくことが出来れば幸いです。

 父からは、公的活動というものは、自分のしたいことをするのではなく、あくまで頂いた仕事に対して誠実に向き合うという意識を持ちつつお受けするべきであると前々から言われております。母よりは、公的活動のひとつひとつを丁寧に、そして心をこめて務める姿勢の大切さを、折にふれ、聞かされております。このようなアドバイスを念頭に置きつつ、これからもお務めをして参りたいと思います。

 
 問3 ご家族についてお伺いします。ご両親、佳子さま、悠仁さまと普段はどのようにお過ごしでしょうか。ご家庭でのエピソードをお聞かせ下さい。卒業にあたってご両親に伝えたいことや、今年成人を迎えられる佳子さまへのアドバイス、この春小学2年生になられる悠仁さまへのメッセージも合わせてお聞かせ下さい。
 (ご回答)

 家族全員が揃うことは食事の時が一番多いのですが、重要な事柄を決めようとしている時、アドバイスをもらいたい時等は両親に尋ねることが多いと思います。例えば今まで大学を決める際、留学先を決める際にも、まず自分で考え、その考えを両親に報告し、意見を聞いたうえで決断しておりました。大切だと思うことはコメントする一方で、私の考えを最大限尊重してくれていることに感謝しております。私が4年間有意義な学生生活が送れましたのは様々な方々のお蔭だと思っておりますが、両親の協力も欠かせないものであったと強く感じております。
 妹とは友人のような間柄で、家族の中では一番会話をすることが多いのではないかと思います。真面目な話もいたしますが、お互い面白いことが好きですので、話していて笑いが止まらなくなることもあります。今年の末には20歳となり節目の年を迎えることとなりますが、責任感も持ちつつ充実した生活を送ることが出来ればと願っております。
 弟は、最近ますます語彙が増えたようで、会話の内容も以前より広がって来ましたし、歌を一緒に歌うこともあります。加えて、元気に身体を動かすことが多いので、一緒に遊んでいるとその元気一杯な様子に自分の幼い頃を思い出すことが多々あります。折り紙や綾取りは私より上手ですので、教えてもらうこともございます。これからどんどん成長していくと思いますが、色々なことを吸収しながら育ってくれればと願っております。

大学に「国際社会学部」新設で愛子さまシフト 週刊女性2014年4月1日号
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/thumb/1395706616417s.jpg
女性自身2014年4月1日号 雅子さま母の思い実った!“超秀才”を証明する驚愕の学内文書を独占公開
愛子さま歴史研究レポートで綴られた 「天皇の役割」「宮中の結婚」
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/thumb/1395706681600s.jpg
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/thumb/1395639662376s.jpg
週刊文春2014年3月20日号 ザ・プリンセス雅子妃物語 第77回 被災地訪問とご回復の兆し
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1395423116234.jpg


6 :朝まで名無しさん:2014/02/15(土) 10:32:30.29 ID:0jNrA1Xs
秋篠宮ご一家は、ご静養の際、必ず職員の挨拶を受ける。
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1392361143790.jpg
ナルマサアイは、整列している職員や関係者の前を車で通るだけ。

7 :朝まで名無しさん:2014/02/15(土) 13:12:59.14 ID:0jNrA1s
http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20140213-00000116-jij-soci
ナルの登山に怒涛のヤフコメ
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1392435190755.jpg
みっともない これが次の天皇皇后なんて・・・
しかも、アイボを伊勢の祭主にと。小学校からブランド三昧のアイボを。

秋篠宮家は 静養のとき 必ず職員の挨拶をうける。
バナル一家 は 車で通りすぎるだけ。 本当にひどい
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/thumb/1392361143790s.jpg

177 名前:雪ん子[] 投稿日:2014/02/15(土) 21:12:10 ID:CmNuHG3g
年度末に1億円支出しなければいけないのかいらないのかわからない迷惑な予定があるからな。
皇太子一家の奥志賀高原スキー豪遊の警備費用取っておかないとならん。
日程は3月20日から3月31日なんだよ。

142 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2014/02/18(火) 09:35:23.35 ID:eXItoGkd0 [4/5]
気になったから週女見てきました。
2月8日雪に喜んだ愛子は両親や職員と雪だるまを作った。
冷えたのか風邪気味で欠席した。
スキーは上級者の腕前、都内のアイススケート場に足しげく通ってるくらい
ウインタースポーツに慣れ親しんでるからソチを親子で観戦してる。
愛子はスキーやフィギュアを見てた。
給食委員の愛子にとって3月の希望給食アンケートを集めたり今が一番多忙。
雅子は松屋行った以外動静がなく御所内で運動もしていないが体調は悪くない。
表に出てこないのは皇太子の誕生日ディナーのメニュー決めたり、
愛子の謝恩会の打合せ等家庭内の仕事が忙しいから。
雨の日も風の日も雪の日も登校不安を訴えた愛子のために付き添ったりした雅子にとって、
卒業は感慨深いものだから卒業行事にかかわりたい思いが強いのでは。
最後にお帽子みどりが愛子中学入学を機に、美智子さまを見習って皇后修行しろで〆。

風邪気味で休んだりバレンタイン4時限目だけ登校したのって、
男子フィギュア見てて起きられなかっただけだろって記事を読んで思いました。

26 :朝まで名無しさん:2014/02/18(火) 10:42:00.27 ID:nPqDVVnk
そういえば真夏の大分公務も「暑いところの公務は今はできない・・・」といっていきながら
愛子ちゃんの遠泳訓練は猛暑日でもけんがくくするという大ウソつきもやらかした雅子大王
恥ずかしいという日本語をよーくかみしめてほしい。


27 :朝まで名無しさん:2014/02/18(火) 11:33:06.86 ID:k0jFXm9W
某関係から、悠仁様のニュースを悪くつぶやくアルバイトが募られたそうです。ああ、じれったいけど、ここにコメントできない。某医薬系の繋がりで、物凄い勢いで悠仁様を悪くとか

686 :可愛い奥様:2014/02/19(水) 17:49:37.91 ID:pTT66E/Q0
週刊文春2月27日号 早読みレポ
雅子さま「2014年の別れ道」
天皇皇后は伊豆大島,秋篠宮は宮城へ・・被災地かジュネーブか

・雅子さまが今年ジュネーブを訪れる可能性が高まっている。
・スイスとの国交150周年。皇太子は名誉総裁。
・すでにジュネーブの国際赤十字・赤新月社連盟からも
 宮内庁にご訪問の打診があった。
・5月8日の「世界赤十字デー」に参加される可能性。(宮内庁関係者)
・スイスは小和田ゆかりの地。節子や礼子がフンダララ。
・問題は雅子さまのご体調と「世論対策」。
・「頭が痛いのは雅子の体調の判断。昨年のオランダ訪問もぎりぎり。
 スイスもぎりぎりまで引っ張るはず。5月初旬の訪問では1か月前には
 閣議にかけなくてはならず,遅くとも3月初旬には準備が必要。
 しかし3月初旬は震災3周年の当月ゆえ,他の皇族方が被災地慰問等
 されるなか,外国訪問の準備をする雅子は悪目立ちの恐れ。国内公務は
 どうしたという批判も予想される」(東宮職関係者)


42 :朝まで名無しさん:2014/02/19(水) 19:46:06.04 ID:Nj0dEtmd
・現在,皇太子夫妻が3月に被災地訪問という予定はない。
・雅子は1月25日の国立劇場以降,公務はほぼ白紙。
・昼夜逆転も一時期治ったが,今は午前中遅くまでお休みしている状況。
 ご体調は良くない。
・スイス行きは雅子さまの今年を占うビッグイベント(東宮関係者)
・そんな中,両陛下の伊豆大島ご訪問。ご高齢に加え体調も万全とは言えない中。
・秋篠宮ご夫妻も3月13日にあしなが育英会の震災遺児のイベントに訪れる。
 「秋篠宮ご一家でこの公演にご出席いただきたく,ご招待致しました」
 (あしなが育英会関係者)
・こうした両陛下や秋篠宮家の被災地に向けられたまなざしを,
 皇太子はどのような思いでご覧になるのか。
〆は,「54歳を迎える誕生日会見に注目が集まる。
以上です。

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1392782080849.jpg
わがままアイボ 。 授業中も世話係をアゴでこきつかって

立后は許さない
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1392823954100.jpg
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1393019547670.jpg
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1392823988910.jpg

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1384779800983.jpg
ナルに霊的な力はない   あれば 雅子を選んでない

110 :朝まで名無しさん:2014/02/24(月) 14:11:15.94 ID:KCFke17/
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1393211180828.jpg
雅子とババンのヘアスタイル


156 :朝まで名無しさん:2014/02/27(木) 08:46:20.69 ID:YVB8ys32
週刊文春のレポ(プリンセス物語じゃない方)来ていたから改行位置替えて転載。乙。

921 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2014/02/27(木) 06:42:38.06 ID:QcPc2abs0
レポが重複していたらごめんなさい。
週刊文春3月6日号 皇太子54歳誕生日会見前代未聞の「ご発言改ざん」騒動 

・2月23日の皇太子の会見。締めくくりにご一家の外国訪問についての回答。(回答は略)
・「一切報じられていませんが,実はスイス大使から招待状として正式な外交文書(口上書)がすでに送られている」(外務省関係者)
・外務省報道課は「そのような事実はない」との回答。
・スイスは“国連一家”と呼ばれる小和田家に縁の深い国。 節子が礼子がフンダララ。
・しかし昨年のオランダのgdgdの轍を踏まないためスイス行きについては 公表時期などかなり秘密裡に進めようとしているはず。
被災地訪問より外国訪問を検討というのがニュースになるのは見場が悪い。(宮内庁関係者)
・会見の関連質問は二つ。皇太子はアドリブで答えた。最後の最後で「実際私たちもそのようなことをいろいろ考えている」と仰った。
雅子さまと一緒に海外訪問したいという思いが大きなウェイトを占めているのでしょう。 (宮内庁担当記者)
・ジュネーブかパリ(OECD東北スクール)か。いずれにせよ,皇太子夫妻のまなざしはヨーロッパに向けられていると多くの記者が抱いた感想だった。
・会見後,東宮職から“発言の追加”が,特定の国を想定したのではなく,“一般論として”を付け加えてほしいと。
記者会では「ご発言の改ざんになってしまうと,全社一致で突き返した。(宮内庁担当記者)
・こうしたことは雅子さまへの行き過ぎた配慮が原因。海外公務を雅子さまの私的な治療に役立てる印象を与える。
外国訪問がいかに雅子さまにとって重要かがよくわかる。
・皇太子の今回の会見は雅子さまについての言及が多かった。「会見が始まって早々に<雅子と共に訪問しました>
<雅子と共に被災地の復興に長く心を寄せていきたい><雅子本人の努力も実りオランダ訪問を無事終えた>
 これではまるで雅子のスポークスマンです」(千代田関係者)
続きます。


157 :朝まで名無しさん:2014/02/27(木) 08:51:55.52 ID:YVB8ys32
922 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2014/02/27(木) 06:53:25.45 ID:0i1pIxuZ0
週刊文春3月6日号 皇太子54歳誕生日会見前代未聞の「ご発言改ざん」騒動 
続きです。

・皇太子は<公務に対する社会の要請に応えていくことが重要であると考えています>と述べたがその内容は,
雅子の昨年の誕生日文書と同一だった。
・<地球温暖化や生物の多様性の減少>という言葉は雅子さまの使った言葉そのまま。
国連的な会見内容に雅子の存在の大きさを感じた。(佐藤優)
・ナルと雅のこうした方向性は国民の心との乖離が懸念される。
「皇太子の会見には,紛争解決,難民問題等,雅子のプラグマティックな思想が随所に表れている。
しかし国民が皇室に期待するのはもっと精神的なつながり」 (保阪正康)
・「皇太子ご自身の肺腑からにじみ出てきたような言葉には感じられない。まるで論文を読み上げているよう。
 何を言いたいのかわからない」(ベテラン宮内庁記者)
・会見を受けての見出しがばらばらだったのもそのせい。
・今上陛下の54歳の会見は柔軟で,腹蔵ない,ハイレベルなものだった。そのときは皇太子と記者が会話のやり取りをしていた。
・誕生日夕刻,東宮御所に両陛下,黒田さん夫妻,雅子の妹家族らが集まり内宴が催された。
「愛子が夜更かしをしながらご覧になったオリンピックについてお話なったそうです」(宮内庁関係者)
・〆は,来るべき即位の日に向けて,国民は次代の“象徴のかたち”についてお聞きしたかった。その機会はいつ訪れるのか。
以上です。

180 :朝まで名無しさん:2014/02/28(金) 13:09:08.51 ID:1JTWF/fx
小和田恒閣下ご接見  成25年9月12日(木)
ttp://www.kunaicho.go.jp/activity/gonittei/02/photo2/img/ph2-h250912-gosekken.jpg
万国国際法学会代表者とお話しになる皇太子同妃両殿下(東宮御所)
ttp://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1393558835640.jpg
もうすっかりオレ様の東宮御所気どり

457 :朝まで名無しさん:2014/03/19(水) 14:28:22.42 ID:2kEIq7wp
疑惑の「うずらちゃん」
1分50秒過ぎあたりからどうぞ。
ttp://www.youtube.com/watch?v=HE1GIjZQ_kc


29 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2014/03/17(月) 12:16:25.64 ID:4Av0nwHT0
今日発売の週刊朝日にまた「オール5の愛子様」
来ましたよw
10日の参観に暇なご夫婦も参加。
御歓談が長引いたのか大半の児童父兄が帰ってから。
ナルはパシャパシャ、雅はニラニラ。
この一年は愛子飛躍の年。茶臼岳登山もバスケで鍛え上げた健脚でスタスタ。
のび太ともいちゃいちゃ。
今までは話しかけられてもうつむいたり「うん」程度だったが
ここ2年ほどでしっかりとお話ができるように。
成績は超優秀。急激に伸びた。「オール5に近い」(東宮関係者)←笑
水泳はナルマサがスパルタ特訓。那須のホテルのプールを貸切にした。
今年になって雅子がサボり倒しているのは「空の巣症候群」では?
愛子の巣立ちに空虚感を感じられているのでは?
「雅子さまは漠然とした満足感では実感を得にくいタイプ。
皇室の公務や皇室外交は、試験のように短期間で結果が出ない、漠然とした
仕事。公務に生きがいを実感するのは難しい」(香山リカ)

440 :朝まで名無しさん:2014/03/18(火) 17:58:42.86 ID:9Nc7lckF
大きな力を与えてくれた沼津の海 敬宮愛子
不安な気持ちを抱きつつも、きっと楽しい思い出が作れると言われて出か けた沼津でしたが、初日から練習は厳しく、海に入りたくないと思う時も 少なくありませんでした。ただ楽しかったのは、友達との生活と食事、お風呂でした。しかし、足の着かない海で泳いで、初めて気持ち良いと感じる日が来ました。 三日目に行ったプレ距離泳の時でした。プレの日は、波もなく、太陽が照りつける中 での距離泳となりました。海に入るまでは、五百メートルも泳げる訳がないと めていましたが、泳いでいるうちに、体の力が抜け、楽しく泳げるようになりました。 五百メートルを泳ぎ切ると、海が好きになり、海に入るのが楽しみになっていました。 迎えた本番の五日目は、潮の流れが少しあり、泳ぎにくいと感じましたが、 前日に一キロ泳や二キロ泳を終えた人たちの「頑張れー」という応援の声が 聞こえる度に、不思議と力が湧いてきました。無事に泳ぎ切り、みんなと喜びながら 頂いた氷砂糖の甘い味は格別でした。 沼津での生活は、私に諦めないことの大切さを教えてくれ、 大きな自信を与えてくれました。沼津の海は、私にとって忘れられない記念の海。六年間の中で、 私がいちばん成長できたと感じられる素晴らしい思い出になっています。


493 :朝まで名無しさん:2014/03/22(土) 02:47:50.75 ID:PspfW+oT
これとの重複ありますが、http://dot.asahi.com/wa/2014031800040.html
愛子さまに関する記述部分だけ「週朝」本文から一部抜書ですき。

『週間朝日』 3/28号
愛子さまのひとり立ちの春 雅子さまの「子離れ」の試練 

・愛子さまもお友達とのお別れが寂しいようで、正門前で二人の女の子とおしゃべりを続けている。
・この一年、愛子さまにとって心身ともに飛躍の年であったようだ。

・ここ2年ほどは、きちんとお話ができていました。お姉さんになりました
・愛子さまら子供たちは、大人とは、一定の距離を置きながら、山登りを楽しんでいた。
・愛子さまはバスケットボール部で鍛えた成果か、足取りも軽くスタスタと登っていったという。
・「愛子さまもお友達との冗談に、キャッキャッと笑い転げて、楽しそうでしたね」
・お友達のひとりは毎年一緒に登っている同級生の男の子で、地元の住民の間では「愛子さまのボーイフレンド」の愛称で呼ばれている。愛子さまは心を許せる友達にも恵まれているようで、もう登校問題の影は見えない。

・巷では「愛子さまは優秀で成績はオール5」とまことしやかに伝わっている。 東宮関係者によると、以前はバラつきがあったが、最近は急に伸びたと言われている。「『オール5j』に近いと聞いています」 ・愛子さまは昔から水泳が苦手だと言われていた。しかし学習院では6年生の夏に恒例行事として大事な遠泳がある。巻き返しがすごかった。愛子さまは、3、5年生の夏はプライベートビーチを持つ須崎御用邸に滞在し遠泳に備えて水泳の特訓をした・「愛子さまはご夫妻にかなり厳しく特訓されたみたいですね。那須に滞在した4年生の夏もホテルのプールを借り切って、ご夫妻と特訓したそうです」(学習院関係者)・努力は報われた。6年生の夏の遠泳で愛子さまは最短コースながらも、みごとに泳ぎきった。 ・愛子さまの「特訓」は、運動だけではない。東宮御所に招かれた音楽や室内体操、習字の先生のもと、稽古を続ける。 英語も得意科目に変わったひとつである。英語が堪能な雅子さまが相当、熱を入れたようで、
・愛子さまは、ご両親のスパルタ教育を日々こなしているわけだ。「オール5」は特訓のたまものということか。 ・だが、12歳ともなれば思春期を迎え、親とも適度な距離を置く年齢となる。
・別の東宮関係者は、ほほ笑ましいといった表情でつぶやいた。「最近の敬宮さまは、お休みの日もお友達だけでお出かけをする機会が増えましたね。気持ちの面でも、どんどん大人になっておられる。」    

636 :可愛い奥様@転載禁止:2014/03/26(水) 07:56:41.91 ID:s4E6yOC00
プリババレポ奥です。したらばの避難所が重く、繋がりにくくなってます。今日でレポ最後なのに…。
出勤時間が迫ってるので今回はこちらにレポ投下させて頂きます。↓

今週のザ・プリンセス雅子妃物語 最終回レポ(今回はいつもより1ページ記事が多かったです。よって、その分レポも増えてしまいました)
2014年3月18日。この日は敬宮愛子内親王殿下の学習院初等科の卒業式。2階のご自分の部屋で
身支度をされた制服姿の愛子さま。1階のリビングダイニングルームから静かに流れるクラシック音楽に
招かれるように階段から降りてこられた(原文ママ)。
「おはよう」テーブルクロスがかかった丸い嘱託テーブルに雅子妃が座っておられ、愛子さまは声をかけられた。
雅子妃は振り返られて「あら、早いのね」愛子さまの緊張をほぐすように少しおどけられた。
雅子妃はセーラー服の愛子さまをご覧になって、あらためてそのご成長ぶりを感じられたといわれた。
愛子さまを包み込むような笑顔で迎えられた一日の始まり。
愛子さまは愛猫の「人間ちゃん」の頭を撫でてから洗面所で髪をうしろで束ねて整えられた(原文ママ)。
皇太子殿下が二階の私室から降りてこられ、ソファーにゆったりと腰をかけられた。昨日のベトナム国主席歓迎行事
と国賓宮中晩餐会のお疲れも見せず、身支度を済ませられた愛子さまに優しく話しかけられたという。
愛子さまは、今日で終わってしまう初等科生活を惜しまれるようだったといわれた。ご一家は食卓で洋食の朝食を
召し上がりながら、小学校生活の楽しい思い出を語り合ったそうだ。部屋には春の訪れを喜ぶような
鳥のさえずりが聞こえていた。


637 :可愛い奥様@転載禁止:2014/03/26(水) 07:57:22.66 ID:s4E6yOC00
午前9時過ぎ、皇太子ご一家は東宮御所を車で出発。待機していた報道陣に向かって
手を振られた。迎賓館正門前で車を降りられ学習院の正門まで徒歩で向かわれた。
正門にで報道陣の撮影を受けられた。その際20人ほどの報道陣の中から1人の記者が「おめでとうございます」と挨拶。
愛子さまに向かって「学校は楽しかったですか」と質問すると愛子さまは少しはにかまれたように
「楽しかったです」と答えられた。(全文、原文ママですから!!!!!!!)
午前9時半から正堂で行われた卒業式。皇太子ご夫妻は保護者席の最前列で式典を見守られた。「敬宮愛子さん」と
壇上で呼ばれると、愛子さまは大きな声で「はい」と答えられ、卒業証書を授与されると、両手でしっかりと受け取られた。
式典後、皇太子夫妻は「厳粛な中にも清々しさを感じる宵卒業式でした」とコメントを発表。ご卒漁に逢わせて
宮内庁は愛子さまが卒業文集に寄せられた作文を公開。
「大きな力を与えてくれた沼津の海    敬宮愛子」(全文引用してありました。長いんで省略します)


638 :可愛い奥様@転載禁止:2014/03/26(水) 07:58:20.50 ID:s4E6yOC00
愛子さまは初等科にご入学され2年生の3月に通学への不安を訴えられて一時期は不登校となられたが、雅子妃がお付き添いをされることで
少しずつ登校されるように。4年では管弦楽部に入部され、チェロを担当。東宮御所では皇太子が教えられることも。
絵画や習字も専門の先生から指導を受けられていた。5年ではバスケットボール部の一員として他校の試合に出場。勉学に勤しまれ、
得意な教科は国語と英語、6年では放送委員として伊勢神宮の式年遷宮について紹介されたこともあった。これは皇族、というお立場から
愛子さま自らが企画されたものであった。
振り返ればすべては思い出。だが皇太子ご夫妻はお友達との関係から愛子さまが学校へ行きたがらなかった時期は心の底から
ご心配されたという。
愛子さまが幼年期の時から一般の子どもたちと一緒に関わらせることを望んでこられたご夫妻。それは皇太子ご自身が限られた環境だけでなく
一般の社会からまあ不ことが大きかったためだといわれる。両殿下は何としても不登校を克服させたかった。そうしたお気持ちの中で
ご療養中の雅子妃にできることが、負担の少ない愛子さまの学校へのお付き添いだったのだ(原文ママ)。
93年6月のご成婚の日の輝くような雅子妃の笑顔は今でも鮮烈な記憶として残っている。聡明で国際的なプリンセス(原文ママ)の登場によって
国内はもちろん、諸外国との関係もまた一層、深まっていくだろうという国民からの大きな期待があった。だがその期待は今の所はかなえられたとは
いえない。それどころかこの数年は一部のマスコミ報道には虚実ないまぜになった雅子妃への批判があふれ、インターネット(←www)にはむき出しの
罵詈雑言が並び、その品性の卑しさ、醜さは目を覆いたくなるほどだった(原文ママ)。
実のところ、そんな批判は国民の主流ではない。多くの国民は病に苦しむ雅子妃に温かい視線を送り、焦らずゆっくりご回復して欲しいと願っているはず。


639 :可愛い奥様@転載禁止:2014/03/26(水) 07:58:35.38 ID:J7irGNOm0
レポ乙です。
東宮職が秋篠宮家に対抗心を持ってるならば、「氷のミーティング」とか「紀子様ピリピリ」とか
書かせて、「雅子様は職員に人気がある〜」とか寝言言わせてたのも、事実じゃないって分かるわね。


640 :可愛い奥様@転載禁止:2014/03/26(水) 07:58:53.77 ID:s4E6yOC00
雅子妃の婚約会見の日のあの輝くような笑顔はどこへいってしまったのか。なぜこういうことになってしまったのだろうか。果たしてこれは悲劇なのだろうか。
その疑問を探して関係者を訪ね歩いてきた。この連載で拘ったのはできるだけ、雅子妃の立場から振り返ってみることだった。というのもそれまでの
バッシング記事の大半はすべてを雅子妃自身の資質や成育、家庭環境など故人の責任に帰巣するものだったからだ。そうではない。問題のありかを
考えるためには、まず雅子妃の人となりに迫り、その上で皇室入りした出来事を追うほかはないのではないだろうか
(まったく意味不明なので原文そのまま書き写しました)。
皇室入りされるまでの雅子妃の人生をたどることで浮かび上がったのは、雅子妃の心身の健康さとその繊細さ。
当時を知る人「秀才であることを表に出さないタイプだった」目をひいたのは「前に出ることを好まなかった」といういくつもの証言。勉強ができ目鼻立ちははっきり。
背の高い帰国子女ともなれば自然に目立ってしまう。リーダーに推されてしまうこともあったが、学級委員や生徒会役員などに自ら手を挙げることはなかった、
晴れがましいパーティーに出席してもいつも人影に隠れるようにしていて、実直故の不器用さも感じられた。
そのような雅子妃が皇太子妃になることを当初固辞されたのは当然のことであっただろう。その心をとかしたのは
皇太子の強いお気持ちであったことは言うまでもない。
雅子妃に初めて出会われたその日から、皇太子の中で雅子妃の明るい笑顔が消えることはなかったといわれた(原文ママ)。
しかし出会われて以来、雅子妃は執拗にマスコミに追い回された。雅子妃は全く身に覚えがないことで毎日追い回され、恐怖すら感じた。
一時はお妃候補から外れたといわれていたが皇太子の誠実な気持ちは一点の曇りもないまま。プロポーズを受けた雅子妃は長時間悩んだが
遂に皇室入りすることを決心したのだ。


641 :可愛い奥様@転載禁止:2014/03/26(水) 07:59:40.26 ID:s4E6yOC00
外出される際の華やかなイメージと異なり、東宮御所での暮らしは静寂に包まれている。時には
一日中誰とも話すことはないといわれている。ところが一歩外に出るとたちまちフラッシュを浴びせられ
人々に取り囲まれる。それでも心身共に健康で希望に満ちていた。しかしそのプリンセスの笑顔を曇らせたのは
何よりもお世継ぎ問題だった。宮内庁は苦しみ悩んでいた皇太子夫妻に対する思いやりを失っていた。
ご懐妊をせかし、雅子妃を非難しはじめた。そして、ご懐妊に向けて環境を整えるとしながら
国内での静養を増やして海外訪問を制限した。お世継ぎ問題に悩み抜かれた雅子妃。稽留流産というお悲しみを乗り越えられ、
待望の愛子内親王がご誕生されたときは会見で涙ぐまれた。皇太子が雅子妃を気遣われる様子にはお二人の言葉にできない苦しい
歩みが感じ取られたものだった。だが、愛子さまが内親王であったことでお世継ぎ問題が根本的には解決されないまま、
場当たり的に公務が増やされていく。ご自分たちの手で育てたいと拘られた両殿下。子育てを人に任せて公務に邁進するか、公務を抑制しても
出来るだけの子育てを行われるか、後者を選ぶことでご夫妻はしばしば批判を受けることになってしまった。
公か私か、二者択一の論理に当てはめて論ずるより、皇太子ご夫妻が受け継がれている尊さは他にも沢山あるはずだ。
第二子(親王)出産への期待。雅子妃は疲れ切っていた。雅子妃は自らも体の異変を感じられて公務先で出会った精神科の医師に相談をするほどだった。
このように診てくると期し得今後の雅子妃が必ずしも心安らかに暮らせる環境に置かれていなかったことは確かで、雅子妃個人に責が問われることではない。


642 :可愛い奥様@転載禁止:2014/03/26(水) 07:59:42.84 ID:aKCaj23z0
文春レポ乙です。
「秋篠さん」って……まあ想像どおりだけど、
とてもじゃないけど宮様方にお仕えするような人じゃないようなのが
東宮職員なんですね。
それに、大変ご優秀で健常な内親王なら
なんでそんなに取材させないのかしらね。
打てば響くような聡明なやりとりを
記者たちとなさる様子をどんどん取材させればいいじゃないですかー
雅子様と愛子様の優秀なところ、一度も見たことないわー


643 :可愛い奥様@転載禁止:2014/03/26(水) 08:00:17.62 ID:s4E6yOC00
しかし心無い仕打ちはつづいた。帯状疱疹で入院された直後に宮内庁長官から
秋篠宮ご夫妻へ第三子を期待する発言がなされた。雅子妃は失意の底から抜け出すことが出来ずにいた。翌年の5月「人格否定発言」
これはまさにプロポーズの際に皇太子が言われた「全力でお守りする」を実行に移されたものであった。
皇太子ご自身は発言を微塵も後悔されてはいないという(原文ママ)。
療養中の雅子妃が公務を休まれて私的に外出をされたのは愛子さまの思い出作りと治療のためだった。お世継ぎ作りのころは私的な外出を控えられていたことから
外出はいけないことだという思いがあったという。だが医師団は認知の歪みを治すためにも外出を勧めたといわれた。(原文ママ)
だが、宮内庁もマスコミもご夫妻の苦渋を思いやることはなかった。その背景には両陛下を慮る宮内庁幹部たちの不満があったことも事実。
オランダ王室での静養後はご進講や公務が増えるなど回復に繋がったといわれている。妃殿下として自信を喪失された雅子妃が心を尽くされたのは子育て。
しばしばバッシングのタネになる「校外学習お付き添い」だが、事実愛子さまがお一人で登校できるようになっていることを見れば無意味なことではなかったのだ。
むしろ警備体制を含めた皇室の在り方こそが問われるべきだったろう(???原文ママ)。愛子さまの不登校の克服は雅子妃にとっても自信になり、昨年のオランダ国王の
即位式への出席。東北三県の被災地訪問などのご公務を経て、ご回復は着実に感じられる。


644 :可愛い奥様@転載禁止:2014/03/26(水) 08:01:06.89 ID:s4E6yOC00
ご療養が長引くにつれ「雅子妃は皇室に合わなかった」という言葉も時折耳にするが、雅子妃のこれまでをたどると、
問題は雅子妃個人にあるのではない。
人的な皇室のあり方そのものを考えていかなければ、三たび民間からお妃が入られたときにも同じことが起きないとも限らない。
ご成婚されて20年が過ぎた。雅子妃は皇室に入られてお幸せだったのだろうか。
東宮関係者(←www)「妃殿下は愛子さまをご出産された後の会見で『良い人生だったと思えるようにしたい』と述べられたことがありました。
一昨年の会見文書でも〈四十代最後の年となるこれからの一年の日々を大切に過ごしていくことが出来ればと思っております〉と、
妃殿下としていかにして人生を送るかということを考えておられるのです、たとえご病気になっても
妃殿下としてのお覚悟はこれまでと全く変わってはいないのではないでしょうか。
両陛下と皇族の方々に支えられながら皇太子と愛子さまというご家族をもたれたことは何よりの喜びでしょう」
雅子妃の人生の歩みによって励まされる人たちもいる。
いつの世も「誠実」は時に誤解を受けやすいが(……原文にそう書いてある…)、
これからも雅子妃は自らの証として前を向いていかれるだろう。
こうした一人のプリンセスの生き方があることを忘れてはならないと思う。

\(^o^)/
これにてプリババレポ終わりです。今まで、読んで頂いてありがとうございました。
誤字脱字、打ち間違いはご容赦ください。詳細は原文をあたってください。プリババレポ奥より。

704 :可愛い奥様@転載禁止:2014/03/26(水) 09:24:54.85 ID:H0y7bJf50
週刊新潮2014年3月27日号 その 1
祝学習院初等科ご卒業「愛子さま」蔵出しアルバム
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1395793400636.jpg

週刊新潮2014年3月27日号 その 2
「学習院初等科」卒業式に「宮内庁記者」との激しい冷戦
「愛子さま」お言葉の機会を断固拒否した「雅子妃」
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1395793454501.jpg



5 :朝まで名無しさん:2014/02/15(土) 10:29:43.94 ID:0jNrA1Xs
アイボの表情が雅子そっくり・・鬼のような笑顔
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/thumb/1392360584097s.jpg

徳仁の豪遊日誌 〜山登り編〜
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/thumb/1392282157105s.jpg
ナルマサアイの今後の豪遊予定
・3月15日スケート貸切豪遊  
・3月?−30日 約2週間のスキー豪遊
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=99j17GL3qlE


問1 大学卒業を迎えての感想をお聞かせ下さい。国際基督教大学で学ばれたことや英国エディンバラ大学への短期留学などについて、最も印象深かった出来事やエピソードを交えてお聞かせ下さい。


 (ご回答)

 大学生活が過ぎるのは本当にあっという間でございました。国際基督教大学では様々な分野の科目を履修しつつ、最終的にどの分野を専攻するかを決めることが可能です。そのシステムのお蔭で今まであまり触れることがなかった学問も楽しむことが出来、その上で自分が最も興味を持つ分野を決めることが出来ました。このように学際的な環境に身を置いて学習出来たことは、非常に恵まれたことであったと感謝しております。

 第3学年の折には、英国のエディンバラ大学へ短期留学する機会も頂きました。国際基督教大学とはまた違った環境で、英語で生活し英語で学習する経験が出来、又、普段の環境を離れることで自分の考え方を見直す良い機会にもなったと思っております。留学先で色々な方と知り合い、交流を深めることが出来たのも嬉しいことでした。

 大学生活4年間を振り返って見ますと、勉学のみでなく、友人や先生方をはじめ、人間関係に恵まれたことがあげられます。様々な考えを持つ方々と交流しながら学生生活を送ることが出来ましたことは大変良い経験であったのと同時に、素晴らしい思い出となりました。このことに大変感謝しております。また学習意欲の高い方が多い大学でしたが、それと同時に笑いと楽しい会話にもあふれた日々でした。

 学生生活の締めくくりといたしましては、卒業論文を執筆したことがあげられます。指導教授の方が大変熱心に指導して下さり、自分の興味のある事柄についてまとめることが出来ました。自分自身、完全に満足しているとは申し上げられませんが、その時点で出来るだけのことをしたつもりです。

 先に記しましたようにあっという間に過ぎた学生生活ではありましたが、周りの方のお蔭で楽しく充実した日々を過ごせたと思っております。何より、存分に楽しむことのできた、一生の思い出となる4年間になりました。

 

 問2 今後の進路と将来の夢をお聞かせ下さい。卒業後は公務に臨まれる機会もますます増えると思いますが、大学での経験をどのように生かし、どういった分野に力を入れていきたいとお考えでしょうか。公務に際してご両親から受けているアドバイスがあれば合わせてお教え下さい。


 (ご回答)

 今後、さまざまな公的な活動をおこなっていくことになると思います。今までもそのようなお仕事を受けさせていただくことがありましたが、基本的な気持ちは変わらず、声をかけて下さる方々に少しでも良かったと思って頂けるよう、可能な限り力を尽くすことが出来ればと思っております。大学では様々な分野を学ぶ機会に恵まれましたが、どのような分野に携わることになりましても、誠意を持って務めていきたいと思います。又、自分の興味のある分野に関しましては、今後も何かしらの形で探究していくことが出来れば幸いです。

 父からは、公的活動というものは、自分のしたいことをするのではなく、あくまで頂いた仕事に対して誠実に向き合うという意識を持ちつつお受けするべきであると前々から言われております。母よりは、公的活動のひとつひとつを丁寧に、そして心をこめて務める姿勢の大切さを、折にふれ、聞かされております。このようなアドバイスを念頭に置きつつ、これからもお務めをして参りたいと思います。

 

 問3 ご家族についてお伺いします。ご両親、佳子さま、悠仁さまと普段はどのようにお過ごしでしょうか。ご家庭でのエピソードをお聞かせ下さい。卒業にあたってご両親に伝えたいことや、今年成人を迎えられる佳子さまへのアドバイス、この春小学2年生になられる悠仁さまへのメッセージも合わせてお聞かせ下さい。


 (ご回答)

 家族全員が揃うことは食事の時が一番多いのですが、重要な事柄を決めようとしている時、アドバイスをもらいたい時等は両親に尋ねることが多いと思います。例えば今まで大学を決める際、留学先を決める際にも、まず自分で考え、その考えを両親に報告し、意見を聞いたうえで決断しておりました。大切だと思うことはコメントする一方で、私の考えを最大限尊重してくれていることに感謝しております。私が4年間有意義な学生生活が送れましたのは様々な方々のお蔭だと思っておりますが、両親の協力も欠かせないものであったと強く感じております。

 妹とは友人のような間柄で、家族の中では一番会話をすることが多いのではないかと思います。真面目な話もいたしますが、お互い面白いことが好きですので、話していて笑いが止まらなくなることもあります。今年の末には20歳となり節目の年を迎えることとなりますが、責任感も持ちつつ充実した生活を送ることが出来ればと願っております。

 弟は、最近ますます語彙が増えたようで、会話の内容も以前より広がって来ましたし、歌を一緒に歌うこともあります。加えて、元気に身体を動かすことが多いので、一緒に遊んでいるとその元気一杯な様子に自分の幼い頃を思い出すことが多々あります。折り紙や綾取りは私より上手ですので、教えてもらうこともございます。これからどんどん成長していくと思いますが、色々なことを吸収しながら育ってくれればと願っております。

 

 問4 秋篠宮さまは昨年11月のお誕生日にあたっての記者会見で、眞子さま、佳子さまの結婚について、「余り遅くなく結婚してくれたら良いなと思います」と述べられました。結婚の時期や理想の男性像についてどのようにお考えでしょうか。そうしたお相手はいらっしゃいますか。


 (ご回答)

 結婚の時期に関しましては、遅すぎず早すぎず出来れば良いと思っておりますが、理想の男性像というものは以前も申し上げましたように、特にございません。理想の男性像というと本人の中で普遍性のあるものでなくてはいけないと思いますが、自分の中にそのようなものがありませんので、お答えすることが出来ません。

 

 問5 女性宮家創設をめぐる議論は眞子さまはじめ女性皇族にとっては結婚にもかかわる問題です。現行制度のままでは結婚後は皇室を出られることになりますが、そのことに関してのお考えと、民間で生活することについて何か心構えなどで準備されていることはありますでしょうか。


 (ご回答)

 女性宮家についての私自身の考えに関しましては、父の考えとほぼ同じですが、制度についてのことですので、私からの答えは控えさせていただきます。ただし、将来どのような人生を送ることがあったとしても、それまでに学んだこと、与えて頂いた貴重な経験と共に、歩んで参りたいと考えております。

 結婚に限らず言えることですが、生活力を高めていきたいとは思っております。

posted by なな at 22:09| 東京 ☀| Comment(0) | 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。